つむぎから新規案件についてのおしらせとお願い

LINEで送る
Pocket

つむぎから新規案件についてのおしらせとお願い

 

いつも「つむぎブログ」をご覧いただきありがとうございます。
またHPからのお問い合わせ、本当にありがとうございます。
昨年あたりから、多数の制作案件を御依頼いただくようになり、現在もすぐに制作にかかれない状況が続いております。

この状況を鑑みまして、新規案件のHPからの御依頼を2018年3月まで停止することにしました。

現時点では、2018年4月をメドに新規案件の受けつけを再開する予定(案件の進捗状況で遅くなる場合もあり)です。

「つむぎ」では、ご依頼いただく1つ1つの案件、そしてお客さまにていねいに向き合うことを大切にしています。
現在御依頼いただいている案件を大切に制作するため、今回のおしらせにいたりました。
当方の都合により、お客さまにご迷惑をお掛けすることを重ねてお詫び申し上げます。

 


 

[新規案件の御依頼一時停止を決断した経緯について]

つむぎでは昨年から、Access制作についてはお客さまとチームを組み、作業の効率化に取り組んでいます。

業務についてお客さまとディスカッションし、作業効率改善ポイントを洗い出し、提案しながらAccessでシステム化する。

この方法は、単純にお客さまから御依頼を受けて制作する従来のカタチより、時間もコストもかかります。
ですが、このモデルの御依頼が増えてくるに従い、本当にお客さまにとって必要な最善のシステムができることがわかりました。

このモデルには下記のような特徴があります。

(利点)
・お客さま同士見えていなかった、お互いの業務内容の共有化が図れる
・問題意識が共有化されるので、ディスカッションが生まれ、業務改善のポイントが明確になる
・Accessによるシステム化を目標ツールとすることで、自社のビジョンを経営者と社員が共有でき、最適なシステムが実現できる

(難点)
・定期的な打ち合わせが発生するので、制作時間が長くなる
・コストが高めになる
・納期を急ぐ案件では実施できない

このカタチは、『お客さまとの「縁」を紡ぎ、お客さまの「情報」と「想い」を1つに紡ぎ、お客さまと「新たな仕組み」を紡ぐ』つむぎの想いを、実際の制作上で実現したモデルです。

複数このモデルの対応を行っている現状で、新規の受注を受けることは、御依頼いただいているお客さまにご迷惑をおかけすることにつながるのではないか?
いただいているお仕事をていねいに、お客さまとのご縁を大切に、時間をかけて対応したい。
それを実現するためにはどうしたらいいか?

考えて考えて決定しました。

一旦停止してしまうと、再開した時にお仕事を御依頼いただけるか?
そんな不安がないわけではありません。
それでも、『まずは目の前のことを、ていねいに一生懸命にすること』をわたしは大事にしたいと想います。

 


 

[受注再開後も含めてのつむぎからのお願い]

勝手なお願いとは承知の上でのお願いです。

・相見積もり前提でのお問い合わせ、見積り依頼はお控えください。
→上記の状況のため、少しでも制作の時間を確保したいためです。
・納期を急がれる案件は、他社さまへ御依頼ください。
・Accessでのシステム制作の御依頼の場合は、できるだけ当方と一緒にチーム制作できるかを検討ください。

 


 

[新規案件の御依頼一時停止中のお問い合わせついて]

上記内容をご了承の上でのお問い合わせについては、できるかぎりお返事させていただきます。
お問い合わせは、下記のお問い合わせページからお願いします。
つむぎのお問い合わせページ

 

ブログは、時間を見つけてできるだけ更新したいと想っています。
どうぞ、つむぎをこれからもよろしくお願いいたします。(*^_^*)

 

Accessシステム&Webデザイン工房 つむぎ
代表 田川 恵子

 

LINEで送る
Pocket

PAGE TOP